2009年09月05日

あま〜い


夏も終わり、とうきび(とうもろこし)の時季もそろそろ終わってしまうので、「その前にとうきび食べたい」って思って

ひらめきどうせならおいしいとうきびが食べたい って思って、函館の隣町の七飯町の農家直売所へ車(RV)ダッシュ(走り出すさま)
s-SBSC0244.jpg

行ったら、店のおっちゃんに「コレ食べでみ」って言われて渡されたのが生のとうきびの輪切り
s-SBSC0242.jpg
メッチャあま〜いレストラン

最近、生でもおいしいとうきびがあるのは知ってたけど、こんなに甘いのぉ〜!?ぴかぴか(新しい)

おっちゃんが言うには「これで糖度21ぐらい」なんだって
メロンで普通 糖度16〜17っていうから、メロンより甘いとうきび!?レストラン

とうきびもついにスイーツか?
スイカ・メロンと一緒にとうきびが並ぶ時代が来るか!?


しかも、朝もぎ(朝採り)だから新鮮だしねわーい(嬉しい顔)
とうもろこしは、採ったときから時間が経過するにつれて甘みがなくなっていくっていうからね


買ったら1本おまけしてくれた手(チョキ)
s-SBSC0243.jpg



ラベル:北海道
posted by Tomo at 18:30| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんぶめし


昨日いただいたもの
s-DSCN5059.jpg
数年前に一躍脚光を浴びた「ガゴメ昆布」を、ダシをとって昆布を細切りにし、冷えるまでそのままおいてトロトロ状態にした昆布汁(醤油味)


他の昆布より粘りの多い「ガゴメ昆布」なので、こんなにトロットロです
s-DSCN5061.jpg


コレをご飯にかけて食べるんだってレストラン
s-DSCN5064.jpg
メチャうまわーい(嬉しい顔)

とろろごはんみたいにスルッと入ります


ガゴメ昆布がまだ捨てられていた時代(ガゴメ昆布がブランド化される前は違品種の昆布として扱われていたので捨てられていた)、子供の頃毎日のように食卓に出されていたんだって

農家育ちでは、家の野菜が毎日のように出され、
函館育ちでは、朝獲りのイカが朝食に並び、
昆布の産地の浜系育ちでは、こんな感じで毎日食べてたんだね

へぇ〜目

このこんぶめし、飲んだ次の日の朝ごはんにいいかもひらめき




函館の味、いか塩辛も一緒にレストラン
s-DSCN5069.jpg

posted by Tomo at 15:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。