2008年08月19日

蝦夷旅 30回記念 初めての離島&チャリ旅 〜島 2日目 前編〜


〜続き〜


2日目
今のところ曇り

もし天気が良かったら
2008.08.19-01
奥尻フットパス」のコースも考えていたんだが、天気予報は雨だから予定変更で、早めの出発・雨が降らないうちにフェリーターミナルに向かう予定に変更

民宿を出発して少し青苗地区を散策

2008.08.19-02
青苗岬灯台

2008.08.19-48
北海道南西沖地震の爪跡 ここ青苗地区では12.3mの高さの津波が押し寄せてきたそうだあせあせ(飛び散る汗)
12mの津波って・・・  恐ろしいがく〜(落胆した顔)
写真撮ってるこの位置じゃぁ完全に津波にのまれてるゎあせあせ(飛び散る汗)

2008.08.19-03
北海道南西沖地震の慰霊碑「時空翔」
震災のあった7月12日には石のくぼみに日が沈むらしい

2008.08.19-04
北海道南西沖地震を記録している「奥尻津波館」

2008.08.19-05
奥尻島の最南端にある「徳洋記念碑」

2008.08.19-06
そこからは室津島が見える

2008.08.19-08
震災の教訓で作られた「望海橋」

これは、ぺデストリアンデッキのような構造になっていて、津波発生時に避難できるスペースになっている
2008.08.19-07

2008.08.19-09
記念撮影

2008.08.19-10
カモメさん

2008.08.19-11

こっちでは、雨の予報からかわらずなので、フェリー埠頭方面へ向かう

そうそう、奥尻島は北海道南西沖地震の教訓があちこちに活かされており、高台へ通じる避難路や南西沖地震の時に記録した津波の高さまで対応できる防波堤などがある。
これもそのひとつ
2008.08.19-12
川の河口には水門が設置され(遠隔操作可能)、その上には南西沖地震の津波の高さに対応できる壁が設置されている。
この津波対策はアメリカやフランスの新聞でも注目されたほどサーチ(調べる)
スゲ〜なぴかぴか(新しい)


途中、パラパラと小雨が降りだしたが、大したことないのでそのまま進む手(グー)

2008.08.19-13
赤石地区に入り

2008.08.19-14
海岸で小休憩

2008.08.19-15 2008.08.19-16

2008.08.19-17


2008.08.19-18
なんかカッコイイ道路標識だなぁ


無事にフェリー埠頭に到着
2008.08.19-19


これでいつ雨が降りだしても平気だぞ手(チョキ)


次に続く


ラベル: 北海道 奥尻島
posted by Tomo at 10:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。