2008年09月09日

いくら


この時季だけ味わえるもの

「生いくら」


「いくら」っていつでも食べれるじゃんって?
鮭が獲れるこの時季以外は、冷凍保存された「いくら」なんです。
なので、この時季だけは一度も冷凍してない「生いくら」を味わえるんです手(チョキ)


まずは
2008.09.09-17
「生筋子」を用意(今回は北海道・噴火湾産の生筋子)
市販されている「筋子」と違って、獲れた鮭の腹から出した状態のものを「生筋子」といいます。
これが入手できないとはじまりませんあせあせ(飛び散る汗)


あと、あれば便利な「いくら網」
2008.09.09-11
ホームセンターで購入。
なければ、網焼きの網で代用可


2008.09.09-12
容器を煮沸消毒し、冷ましておきます。


使う調味料はコレ
2008.09.09-13
ダシ用の昆布、醤油、酒(北海道の定番の清酒「北の誉」にしました手(チョキ))、みりん


ダシ汁作り
2008.09.09-14 2008.09.09-15 2008.09.09-16
昆布を水に少しつけておき、火にかけて、沸騰する前に昆布を取り出し、完成したダシ汁を冷まします。



3%前後の塩を溶かした温水(40度前後)に中に生筋子を入れます
2008.09.09-18


「いくら網」登場
2008.09.09-19

網の上に生筋子を乗せ、手でグルグルと押し付けるとパラパラとほぐれていきます
2008.09.09-20


コレでほぼ分別完了なのだが、細かい膜やカスが入ってるので、塩温水をもうひとつ用意して選定していきます
2008.09.09-21

この作業を2〜3回繰り返して


2008.09.09-22
分けました手(チョキ)
少し白っぽくなってますが、あとで色が戻るので気にしなくてもいいそうです

ザルで水気を切り(表面が乾燥しないようにラップをかけたほうがいい)
2008.09.09-23

2008.09.09-24
つぶつぶいくらキスマーク

2008.09.09-25
醤油、酒、ダシ汁、みりんを2:2:2:1くらいで混ぜて漬け汁を作り(今回はあまりしょっぱくなく作りたかったので、酒とだし汁の分量を多めにしました)


いくらを容器に入れて
2008.09.09-26
漬け汁を入れて軽く混ぜ

冷蔵庫で一晩置けばできあがり手(チョキ)
2008.09.09-27
「生いくらしょう油漬」ぴかぴか(新しい)


posted by Tomo at 21:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。