2008年09月19日

幻の・・・


今日、TV検定ジャポン」でやっていた
2008.09.19-01
幻のブドウエビを探しに行くという企画

2008.09.19-02
ブドウエビってこんな所にいるんだね
鱈の漁場で獲れるからタラバエビ科ってのも納得(タラバガニも同じ)

なんせ、北海道羅臼地区ではブドウエビを獲れる漁師が一人しかいないので(繁殖能力が他のエビより少なく 生態数が少ないので、乱獲による絶滅を防ぐため)とても貴重なエビらしいぴかぴか(新しい)


TVでは、ブドウエビ漁の様子は取材NG。ホッケ・スケソウダラ漁に同行し網に運よくかかっていれば・・・という内容だったが、獲れずじまい。結果的にはブドウエビ漁師の好意で食べることはできた目
2008.09.19-03

Tomoも北海道に住む前の旅人時代(4・5年前)に、この幻のブドウエビを食べたことがあるんだ手(チョキ)
なかなか手に入らないから、他のエビより断然高かったけど、うまかったな〜わーい(嬉しい顔)


北海道にいるといろいろなエビが出回っています。
こっちに住んでから何種類かのエビを食べましたわーい(嬉しい顔)
標準和名と一般的に耳にする呼び名(市場一般名)とが混同する(標準和名:「ボタンエビ」が、一般的に食用として知られてる「ボタンエビ」とは別の種類のエビだったりする)ので、両方の名前を書きます。

2008.09.19-04
まずはみなさんもよく目にしてる「アマエビ」(標準和名:ホッコクアカエビ)
別名「ナンバンエビ」とも呼ばれ、寿司ネタや刺身で目にすることが多いと思う。


2008.09.19-05
次は「ボタンエビ」(標準和名:トヤマエビ)
体長20cmほどのエビで、写真上のアマエビと比べると大きく、足や殻にシマがある。
標準和名の「ボタンエビ」は別種。


2008.09.19-06 2008.09.19-07
そして「シマエビ」(標準和名:モロトゲアカエビ)
体長15cmほどのエビで、全身に横シマ模様がある。



2008.09.19-08 2008.09.19-09
刺身にしてみてもそれぞれ特徴があるわーい(嬉しい顔)(左:アマエビ、右:シマエビ)




いよいよ・・・
ブドウエビ02.jpg
幻の「ブドウエビ」(標準和名:ヒゴロモエビ)
体長20cmほどで、葡萄のような紫色(内出血した時のような紫色(笑))をしているが、数が少なく大変貴重。近年、なかなか市場に出回らない貴重なエビとして注目されている。
標準和名の「ブドウエビ」は別種。

ブドウエビ01.jpg ぶどうえび03.jpg
刺身だとこんな感じ。右写真に写ってる卵もアマエビ等と比べると大きく数が少ないので、繁殖数も少ないのが分かる。

こうやってテレビに取り上げられると、ますます貴重になっちゃうのかなあせあせ(飛び散る汗)

テレビでやってた
2008.09.19-10
↑コレ
Tomoも水揚げされたばかりのバチッ!と跳ねてるエビをあぁやって食べたこともあるよ手(チョキ)
ホント身がコリコリしてておいしいのぴかぴか(新しい) 産地だからできることだよねわーい(嬉しい顔)


「さかなクン」みたいになっちゃったけど、北海道エビ特集でした(笑)わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


posted by Tomo at 21:15| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。