2008年12月11日

秋田名物


あぎだめ〜ぃぶづ〜はぢもりはだはだ〜おんがでおんがぶりこ〜るんるん
(秋田名物 八森ハタハタ 男鹿で男鹿ブリコ)

今が時季の
2008.12.11-101 2008.12.11-102
秋田産のハタハタ


秋田の郷土料理「しょっつる鍋」を作ろうと思ったけど、肝心の「しょっつる」がないので、それっぽい鍋を作ることにしました。
※「塩魚汁(しょっつる)」・・・ハタハタを塩蔵して作る「魚醤」。能登半島の「いしる」、香川の「いかなご醤油」と並び、日本を代表する魚醤のひとつ。外国では、ベトナムの「ニョクマム」やタイの「ナンプラー」などがある。


いま時期のハタハタのメスは卵を抱えているので、腹を切開して内蔵を取るわけにもいかないので、「壷抜き」という技を使ってエラと内臓を取ります。
2008.12.11-103 2008.12.11-104 2008.12.11-105
箸を口から刺し、エラの外側を通して腹に刺します。  そのまま1回転半ほど回すとエラが外れるので(挟んでいる箸が軽くなる感覚でわかる)、挟んだまま口から引き抜くとエラと内蔵が取り出せます。


和風だしを作り
2008.12.11-106 2008.12.11-107
和風だし・・・水を入れた鍋に昆布を放ち、しばらくしてから火にかけ、煮立つ前に昆布を取り出し、沸騰する前に火を止め、かつおぶしを入れて、その汁を濾せば出来上がり。


しょっつるがないので、塩と少量の「味どうらくの里」で味付け


ささがきゴボウ、豆腐、まいたけ、長ネギ、せり、ハタハタを鍋に入れて
2008.12.11-108

煮ればできあがり

2008.12.11-109 2008.12.11-110
レストランしょっつる(風)鍋

2008.12.11-111
ハタハタの身は白身でうまいぴかぴか(新しい)

2008.12.11-112
ブチブチとした食感の「ブリコ」(ハタハタの卵)もこの時季ならではのグルメぴかぴか(新しい)


次に秋田に帰ったときに「塩魚汁(しょっつる)」も買ってこようかな・・・


posted by Tomo at 19:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。