2009年06月23日

時代


函館のシンボルのひとつ

函館どっくクレーン
函館どっくの大型クレーン(正式名称:ゴライアスクレーン)


Tomoも度々写真を撮ったりしてましたカメラ
函館湾


そのクレーンの老朽化が問題になってたのだが、ついに・・・


2009.06.23-01
あれ?・・・1基しかないあせあせ(飛び散る汗)


もう1基はというと

2009.06.23-02

クレーンのあった所より西側へ運ばれ

2009.06.23-03 2009.06.23-04
解体されていましたがく〜(落胆した顔)


どっくの作業で活躍の場がなくなっていて休止中だったらしいが、1994年の北海道南西沖地震でクレーンの地盤が狂い、使い物にならなくなってたらしいです。
修繕するにも数億円、置物にしておくにも数億円の維持費が必要なみたいで、
解体後、海外へ売却されるらしいです。


またひとつ函館のシンボルが消えてゆく・・・たらーっ(汗)
時代の流れなのかな






ラベル:函館
posted by Tomo at 22:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。