2009年10月24日

HDD増設


仕事用のパソコンをいじくりたおしてて、ふと思ったのが
「外付けのハードディスクって、中身を分解してみたら中にあるのが同じハードディスクだし、持ち運びしないんであれば物理的に別の内蔵型ハードディスクにしてそこをデータ保管用にすればPC本体のケースの中にあるけど用途は一緒だし伝送速度も速くなるし、いいんじゃないの?」て思って・・・
ウチの外付けハードディスクは初期型USB2.0だし、中身のデータもほぼ一杯になりつつあるしってことで
s-DSCN5552.jpg
外付けHDDが500MBだったから、1TBハードディスクとSATAケーブル(伝送速が一番早いSSDはまだ高いんであせあせ(飛び散る汗)

s-DSCN5554.jpg
PC本体のケースを開けてガシャコンって設置

フォーマット後、データをコピー

(左)外付けHDD、(右)内蔵HDDの伝送速度
Diskmark-1.jpg Diskmark-2.jpg
この差は何?ってくらいの数値じゃない?


ついでに、ウチのPCマシンが電源ランプ青/HDDアクセスランプ赤だったんだけど、配線をちょん切って結線を変えてみた
s-DSCN5556.jpg
電源ランプ赤/HDDアクセスランプ青
このほうがしっくりくるわーい(嬉しい顔)


posted by Tomo at 23:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ更新がんばってください。
今後いろいろ参考にさせていただくかもしれません。
応援してます。

パソコンのカスタマイズに凝ってる人間ですが、よかったら私のブログにも、遊びに来てください。
Posted by SSDベンチOCZ at 2009年10月30日 19:22
SSDベンチOCZさま> ありがとうございます。趣味程度ですが、機会があればパソコンもさらにいじっていきたいと思います。
Posted by Tomo at 2009年11月01日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。