2010年10月31日

生いくら


北海道の秋といえば「鮭」

そしてこの時季しか食べれないのが「生いくら」
一度も冷凍してない生のいくらぴかぴか(新しい)
鮭の卵はこの時季じゃないと採れないから、寿司ネタや瓶などに入って年がら年中売られてる「いくら」はじつは冷凍品雪


この時季になると手に入るのが、いくらの材料になる「生筋子」
s-DSCN8069-1.jpg
「筋子」といってもスーパーでよく見かける醤油漬の「筋子」じゃないですよあせあせ(飛び散る汗)
鮭の腹から取り出したプレーンな状態の鮭の卵
この時季だけ北海道のスーパーなどで売られています


一年ぶりに登場「いくら網」
s-DSCN8067.jpg
卵をバラバラにほぐすのに使います。
コレがあるとイクラちゃんを捕獲しやすいのよ(←イクラちゃんて(笑))


詳しいレシピは一昨年のブログを見てね


s-DSCN8070.jpg


s-DSCN8071.jpg


去年「味どうらくで作ったよ〜」って話を耳にしてたから、今年はTomoも真似してみたわーい(嬉しい顔)
s-DSCN8072.jpg
秋田限定「味どうらくの里」


s-DSCN8073.jpg

いくら醤油漬はビンに入れて終了



今年はさらに「塩いくら」にも挑戦します

ほぐしたいくらの水気を切り、ボールにあけて生筋子の分量の5%の量の塩を振り、やさしく混ぜ合わせます。
s-DSCN8074.jpg
5分くらい置き、水分が出てきたら汁をとり、容器に入れて一晩なじませれば出来上がり

s-DSCN8076-2.jpg
味に深みを出すために昆布を少し入れてみましたひらめき


ジャジャ〜ン
s-DSCN8081-1.jpg
完成手(チョキ)



翌日・・・

s-DSCN8182.jpg
生いくらの醤油漬は定番のいくら丼でレストラン


塩いくらはおつまみ向けかなわーい(嬉しい顔)
s-DSCN8188.jpg

めちゃウマすレストランわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)





posted by Tomo at 22:00| 北海道 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
贅沢〜〜〜〜!!

家でホンマもんのいくら丼、さすが北海道やなぁ。
Posted by 猫 at 2010年11月02日 09:23
猫さん> いくらの材料になる生筋子が季節商品で普通にスーパーで売ってるあたりが北海道ならではだよね。
「メチャうみゃ〜」です(笑)
Posted by Tomo at 2010年11月03日 01:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。