2008年05月22日

花咲


北海道の「カニ」といえば

「タラバガニ」、「毛ガニ」、

おみやげでよく言われますねぇ

あと、タラバガニによく似た「アブラガ二」
これは、昔 悪徳業者がタラバガニと偽って高く売ってたりしてた。
タラバガニの「本タラバ」に対して、「アブラタラバ」とも言われたが、いまでは「タラバ」と名乗ることができないので、「アブラガニ」としての名前がだいぶ浸透しました。


そして
2008.05.22-11
「花咲ガニ」
タラバ、毛ガニは北海道のあちこちの海や北洋で獲れるが、この花咲ガニは北海道の中でも道東の根室近辺でしか獲れない希少なもの。
茹でると真っ赤になって花が咲いたよう見えるのでこの名前がついたとも言われる。

だから、産地の道東や札幌のお土産屋さんならともかく、函館ではあまり目にしないんだよね。

Tomoが初めて花咲ガニを食べたのは、高校2年の夏休みの北海道一周旅で根室に行った時電車
さすが産地ぴかぴか(新しい) メチャメチャ美味かったのさぁ〜わーい(嬉しい顔) 今でもあの味は忘れられないぴかぴか(新しい) 



この花咲ガニ(根室産)を安価で入手(ワンコインランチより安いひらめき  つまり片手ウン百円有料)したので
2008.05.22-12
今日はカニ祭り手(チョキ)


この美味そうな身ぴかぴか(新しい)
2008.05.22-13
いただきま〜すわーい(嬉しい顔)

ウマ〜レストランぴかぴか(新しい)

じつは少し身痩せしてたんだけど、安かったから文句は言いません。希少なカニを食べてるのには変わりないしわーい(嬉しい顔)



ちょっと食べ飽きたので「かに汁」に
2008.05.22-14



花咲ガニって結構ゴツイトゲトゲがあるんだけど
2008.05.22-15
↑一時期のGLAY JIROさんのアロエヘア(ピュアソウルヘア)のようにトゲ立ってます(笑)わーい(嬉しい顔)
でも花咲ガニは、タラバとかに比べて殻が柔らかいので剥きやすい手(チョキ)


2008.05.22-16
カニづくし完食手(チョキ)






ラベル:カニ グルメ
posted by Tomo at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。